Skip to content

【Healthコラム】未来が不安になってしまった時の対処法

Last updated on 2021年3月5日

こんにちは!

「Healthコラム」を担当させて頂きます、長岡朋子です。

普段は、薬剤師の仕事と、セラピーや占いのセッションをしています。

こちらでは、「心の健康」について、私なりにお伝えできればと思います。よろしくお願い致します。

 

 

 

 

「未来は分からないから、不安になる」
漠然と未来のことや、目の前の問題がどうなるのか、不安になること、ありませんか?
普段セッションで相談を受ける内容も、ほぼこの先のこと、未来についての事です。

 

今考えても仕方ない、と頭で分かっていても、今までにない大きな問題だったり、ストレスが重なった状態だと、一つのことが気になって、そこから抜け出せない状態になることもありますよね。

 

 

数年前、私も大きな問題にぶつかり、不安のあまり色々を考え過ぎて、体調を崩してしまいました。
今考えると、もっとこうしていれば、と思うこともあります。
そんな「未来が不安な時の対処法」を私なりにまとめてみました。

 

 

①「認める」

“こんなこと思うなんておかしいのかも?”とか、”弱い気持ちをすぐに切り替えよう!”とか、、自分の思いをあやふやにしていませんか?

《私は、今こう感じているんだな。そうだよね、仕方ないよね》と、感情を流さずに、まず、しっかり、受け入れてみてください。

 

それだけでもモヤモヤした気持ちが落ち着いてきます。

 

 

②「吐き出す」
“誰かに言っても状況は変わらないし、相手にも悪い”と、思いをため込んでしまう。
以前の私もそうでした。

 

勇気を持って、
話しやすい人に、話したいと思った時に、聞いてもらいましょう。
出来れば沢山の人に、がおすすめです。

 

心の中で、ずっとモヤモヤしていたことが、誰かに話した途端、大したことないような気がしてくる、そんな経験ありませんか?

 

とにかく胸のモヤモヤを外に出すことが大切です。
客観的になれたり、思わぬ言葉をもらえることもあります。そして問題への感じ方、捉え方が変わることだってあります。

 

人に話すのはどうしても、、という方は、ノートや紙に書き出すのも効果的です。思っていること、感じていること、全て書いてみてくださいね。
(感情に、「良い」「悪い」はありません)

 

 

 

③「行動する」

 

どうしよう?何でこうなったのだろう?とぐるぐる考えている間は前に進めません。

 

状況が少しでも好転するような、解決に向かうような、「今、出来ること」を考えてみましょう。

 

例えば、家族の健康の悩みならば、そのことについて調べてみる、誰かに聞いてみる、料理を工夫してみるetc…

 

何も思いつかなければ、「気の済むまで ひたすら祈る!」でも良いです。
ほんの小さな一歩でも、行動することをオススメします。

 

 

 

④「自分をいたわる」

最後に、自分をいたわる時間を忘れずに。

自分はダメだな、弱いな、etc…自分を責めていませんか?

 

未来が不安になるのは、
あなたが優しくて、守りたいものがあるからです。

 

そんなご自分へ、
頑張ってるね!大好きだよ!》と一日一回言ってみてくださいね。

 

あなたは間違いなく頑張っています!

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

未来は誰にも分からないからこそ、誰もが不安になるものです。

 

この先も「不安」とうまく付き合っていけるように、自分なりの対処法があると良いですよね。

もし一つでも参考になるものがあれば、とても嬉しいです。

あなたの心が、今日も ますます健やかでありますように。

 

Healthコラム担当 長岡朋子
Instagram:  @oyatutotrot

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)